お父さんは サイエンスファシリテーター

お父さんは サイエンスファシリテーター

目標は、名著『ビジネスマンの父より30通の手紙』のような【書】を子ども達に残すこと!でスタートしたけれど、自分のエゴにおこがましさを感じはじめた今日この頃(笑) 小さな歩みをコツコツ積み重ね、20年後の自分が振り返った時に、幸福感と高揚感に包まれるブログにしたいです。 ★★★科学館での親子イベントや読書会型ワークショップによる共創学習をお手伝いしています。 ご依頼はメッセージにてお気軽にお問い合わせください。宜しくお願い致します。★★★

レビュー『カラー新版 ネコを撮る』 岩合光昭・著 朝日新聞出版 ~ネコの気持ち、子どもの気持ち


【岩合さんのネコ愛が満載】


『カラー新版 ネコを撮る』


 著者:岩合光昭
 出版社:朝日新聞出版
 発売日:2018/5/11

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4022737719




f:id:hd_murakami:20180528182600j:plain


ネコを撮るとき、視線をネコと同じ高さにします。
ネコの目線になってみるとヒトの足元や地面のかたさ、
土の色や匂い、もっと小さな者たち営みを、つぶさに感じます。
ネコには嘘がつけません。一瞬の出会いでネコは判断します。
新しいネコと出会うたびネコへの愛が本物なのかを
確かめられているような気がします(笑)。
こちらがどう撮りたいかではなく、そのネコの美しさ、
気高さを写真におさめるために、今日もネコに声をかけます
「いい子だね」と。


このネコ愛いっぱいの一節に魅了され
購入した一冊。
休日にゆったりと楽しみました。

かわいらしい写真(オールカラー)と
それに添えられたコメントが穏やかで
眺めているだけで幸せになります。


インスタ映えのヒントにも


本書は、2007年発刊の『ネコを撮る』の新版。
10年以上ロングセラーとなっているだけに
"インスタ映え"のヒントも満載です。


私の場合は、
ついつい"ネコ"を"子ども"や"イベント風景"に
置き換えて読んじゃいました、汗


章立てはこんな感じです。

【第1章】ネコにアプローチ

【第2章】撮影編

【第3章】世界のネコ

【第4章】野生のネコ

どこを取ってもブレなく
微笑ましくなれるのではないでしょうか。


ポイントは、自然と寄り添えることではないでしょうか。

自分本位にならず、相手を想う優しい視点でいられるか。

これはすべてにおいて言えることですね^^


とても穏やかになれる本書、
ネコ好き、写真好きでなくてもおすすめしたいです。


◆おまけ


この本は動物好きの娘へプレゼント。
娘がいつでも取り出せるように
彼女の本棚に並べておきます♪

こういう感じですね。

こどもの本棚を育てよう! - お父さんは サイエンスファシリテーター

息子と学ぶ『Newton 2018年3月号宇宙を破滅に導く「真空崩壊」』 - お父さんは サイエンスファシリテーター


◆追記


ネコのことをもっと知りたくなり
読みたい衝動にかられている一冊です。

『猫はこうして地球を征服した
 人の脳からインターネット、生態系まで』

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4772695583





〇●〇●〇●〇
 

 
〇●〇●〇●〇
 
 

◆◆ 私の活動 ◆◆

 
サイエンスファシリテーター

◆親と子と科学をむすび、未来を創る
◆大人も子どもも共に学ぶ、宇宙は共通言語!

startup-papa.hatenablog.com
 
サイエンス読書会
peatix.com

 
レゾナンスファシリテーター

◆変化の時代のコンテンツづくり
◆人生が飛躍する読書術+行動術
resonance-murakami.peatix.com
 
 
描こう あなたのビジネスモデルキャンバス
peatix.com
 
◆組織づくりワークショップ

◆読書会型ワークショップ

◆おとなの絵本プロジェクト 大阪スタッフ

◆ラジオ番組『ぱぴぷぺパパ』ゲストパーソナリティー


その正体は…
サラリーマンエンジニア
子だくさんパパです (笑)

○●○●○●●○

最後までお読みくださり
ありがとうございました (^_^)



f:id:hd_murakami:20180525002205j:plain