お父さんは サイエンスファシリテーター

お父さんは サイエンスファシリテーター

目標は、名著『ビジネスマンの父より30通の手紙』のような【書】を子ども達に残すこと!でスタートしたけれど、自分のエゴにおこがましさを感じはじめた今日この頃(笑) 小さな歩みをコツコツ積み重ね、20年後の自分が振り返った時に、幸福感と高揚感に包まれるブログにしたいです。 ★★★科学館での親子イベントや読書会型ワークショップによる共創学習をお手伝いしています。 ご依頼はメッセージにてお気軽にお問い合わせください。宜しくお願い致します。★★★

★11/17(土) 22時 放送「ぱぴぷぺパパ3.0」→ 月1コーナー「村上英範のスーパーサラリーマンと話そう!」第5回のゲストは我らがリーダーの登場です!!


f:id:hd_murakami:20181114205651j:plain

 
 
〈お知らせ〉
11/17~25開催 百龍展1.5
~橘ナオキが描く、龍神の暮らす国~

f:id:hd_murakami:20181114204911j:plain
 
 
 
 

11/17 (土) 22:00放送

『ぱぴぷぺパパ3.0』

 
関西チャンネル タイムテーブル | ゆめのたね

関西チャンネルの「► 再生」をクリック!

 
 
 
絵描きのパーソナリティー 橘ナオキがおくる
ラジオ番組「ぱぴぷぺパパ3.0」
月1コーナー「村上英範のスーパーサラリーマンと話そう!」
 
 
第5回のゲストは、この方!
 
ジグさんこと 筒井俊博さんです!
 


f:id:hd_murakami:20181114205704j:plain


私も参画している
「おとなの絵本プロジェクトin大阪」
のリーダー ジグさん。
 
絵本イベントの他にも様々な方面でご活躍されています。

 
その中から今回お話しいただいたのは

「未来のコミュニケーションのカタチ」

について。
 

これは、どういうことでしょうか?
 

詳細は、本編をお楽しみいただきたいのですが
ちょこっとお伝えすると、
「デジタル×リアル」
でコミュニケーションの深度が増すというのです。
 
 
デジタルは「ZOOM」というアプリ、つまりツールです。
リアルは「Face to Face」の肌感、これまで通りです。
 
○話している自分自身の表情も見える!

○リアルな対面で、存在感を肌でアップデート!
 

従来のスタイルにデジタルが融合されることで
言い換えると、デジタルとリアルを"往復"することで
これまでは見えなかったものが見えてくるというのです!
 

具体的に何が起きるのでしょうか?
 
それはぜひ番組にてお確かめください^^
 
 
とくにコミュニケーションやマネジメント、
プレゼンテーションにご関心のある方!
 
そして、おとなの絵本プロジェクトの皆々様~!
 
お聴き逃さぬよう、アラームの設定をくださいネ(笑)
 
 
 
11/17(土) 22:00からは『ぱぴぷぺパパ 3.0』
ゆめのたね放送局の関西チャンネルでお聴きください。
 
 
「人生を遊び尽くせ」をお楽しみください(^-^)/ 
 

 
(ネットが繋がれば、世界のどこに居てもお聴きいただけます!)
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○

ゆめのたね放送局 「ぱぴぷぺパパ3.0」
関西チャンネル 土曜日 22:00 - 22:30
http://www.yumenotane.jp/kansai-sat

関西チャンネルの「► 再生」をクリック!

●○●○●○●○●○●○●○●○●○

「ぱぴぷぺパパ3.0」ってどんな番組?
http://www.yumenotane.jp/papipupepapa

「人生を遊び尽くせ」が合い言葉。
大人って楽しい♪を体感ください!

●○●○●○●○●○●○●○●○●○
 




○●○●○●○

○●○●○●○



f:id:hd_murakami:20180719211300j:plain 



◆◆ 私の活動 ◆◆

 
サイエンスファシリテーター

「親と子と科学をむすび、未来を創る」
「大人も子どもも共に学ぶ、宇宙は共通言語」

startup-papa.hatenablog.com
 
サイエンスブッククラブ
peatix.com

 
レゾナンスファシリテーター
(速読→加速学習→行動計画の入門講座)
◆変化の時代のコンテンツづくり
◆人生が飛躍する読書術+行動術
resonance-murakami.peatix.com
 
 
描こう あなたのビジネスモデルキャンバス
peatix.com
・新商品・事業開発のお手伝い
・キャリア構築/組織づくりワークショップ
・「はじめてのビジネスモデルキャンバス」ワークショップ

○●○●○●●○

最後までお読みくださり、ありがとうございました (^_^)



○●○●○●○

○●○●○●○



f:id:hd_murakami:20180426103853j:plain

コーチング×組織開発を学ぶ 1 Day セッション

 
 
2018年11月3日
京都で「コーチング×組織開発を学ぶ 1 Day セッション」を受講しました。

コーチング×組織開発を学ぶ 1 Day セッション in 京都 | Peatix


f:id:hd_murakami:20181114185529j:plain


 
講師お二方の穏やかな人柄
ご参加された皆さまの真剣さ
居心地のいい明るい会場から
濃密な学びを頂戴しました。
 

あっという間の6時間でした!

 

f:id:hd_murakami:20181114185550j:plain


コーチングと組織開発。

つまり"個人"と"組織"という2つの視点で往復することで
異なる立場における観立て方を 自身の中でつなげることができました。

 

f:id:hd_murakami:20181114184916j:plain



私個人としてはこの一週間で
4つのイベントを開催したこともあり
そこから得たた~っぷりの課題を
持って臨んだので
今の自分に必要な実践知を
ギュッと体得できたと感じています。

大満足です!!

 
 
①何のために聴くのか?→真剣に"観察・傾聴"するために、やること(環境や構成)をシンプルにする。
 
②メインストリームと周縁化された人々を意識する→考え方や実践方法をさらに学びたい。
 
③成果の質は、関係の質→エンゲージメントを高めるプロセスは省きたくない。

 
(④実は、話すこと・伝えることも難しい。)

 

私自身も本日のような講座やワークショップをつくりたいです。

そして、本業にシフト、より本業で活かせる場面をつくってけるようガンバリます!(笑)



  
○●○●○●○

○●○●○●○



◆ここに至るプロセス

【きっと良いタイミングで御縁が結ばれるでしょう】
startup-papa.hatenablog.com

【同じ志をもつ方と共に働きたい。"新たな自分"を必要としてくれる環境に飛び込みたいという想いが高まっています】
startup-papa.hatenablog.com

【前向きな錯覚で行動を!】
startup-papa.hatenablog.com

【変革をやり遂げる意志とスキル】
startup-papa.hatenablog.com

【今、逆境を越え、人生を拓くとき!】
startup-papa.hatenablog.com

【ズバズバささった私的2018年度上半期No.1のビジネス書】
startup-papa.hatenablog.com
※実践して得た結果から不足部分を確認できました。

【ライフチャレンジ・エンジニア宣言!】
startup-papa.hatenablog.com

f:id:hd_murakami:20180920193833j:plain
 

◆◆ 私のライフワーク◆◆

 
サイエンスファシリテーター

「親と子と科学をむすび、未来を創る」
「大人も子どもも共に学ぶ、宇宙は共通言語」

startup-papa.hatenablog.com
 
サイエンスブッククラブ
peatix.com

 
レゾナンスファシリテーター
(速読→加速学習→行動計画の入門講座)
◆変化の時代のコンテンツづくり
◆人生が飛躍する読書術+行動術
resonance-murakami.peatix.com
 
 
描こう あなたのビジネスモデルキャンバス
peatix.com
・新商品・事業開発のお手伝い
・キャリア構築/組織づくりワークショップ
・「はじめてのビジネスモデルキャンバス」ワークショップ

○●○●○●●○


最後までお読みくださり、ありがとうございました (^_^)


○●○●○●○

○●○●○●○


f:id:hd_murakami:20180920200711j:plain


f:id:hd_murakami:20180920194233j:plain

 
 
 

【開催レポート】 おとなの絵本プロジェクトin大阪vol.15 ~不思議の国de よみきかせナイト~

 
 

【開催レポート】

 
おとなの絵本プロジェクトin大阪vol.15

~不思議の国de よみきかせナイト~
 
f:id:hd_murakami:20181114180033j:plain


日時:10月31日(水)19:00~21:30
場所:Mikiya Alice(アリス)
参加者:24名

 
15回目を迎えた「よみきかせナイト」の会場は
心斎橋にある「Mikiya Alice(アリス)」さん。
 

絵本『ふしぎのくにのアリス』がコンセプトのケーキ屋です。
 

絵本と美味しいケーキを、絵本好きの皆さまと一緒に味わい尽くしました!
 
f:id:hd_murakami:20181114180158j:plain
f:id:hd_murakami:20181114180223j:plain


この日、集まった絵本は"ジャジャ~ン"写真を見てください!

f:id:hd_murakami:20181114180257j:plain


ケーキ屋にちなんでスイーツ系の絵本。
お店のコンセプト『ふしぎのくにのアリス』からの
「自分さがし」をテーマとした絵本。
 
これら色々な絵本を、多士済々の読み手さんが
個性豊かな表現でお届けくださりました。
 
 

『ケーキ やけました』
f:id:hd_murakami:20181114180402j:plain
f:id:hd_murakami:20181114180547j:plain

オープニング読みはスタッフのピグさん。
登場するたくさんの美味しそうなケーキ達。
「これから楽しいウタゲが始まりますよ~♪」スタートの合図です♪
 

『ぼく おたまじゃくし?』
f:id:hd_murakami:20181114180608j:plain

今回お越しの読み手一番手は、よろずや小うめさん。
ステキな小道具を奏でながらの表現力にぐいぐい引き込まれました。
 

『ぜつぼうの濁点』
f:id:hd_murakami:20181114180641j:plain

読み手二番手は、奈良の朗読家 山本さん。
物語に出てくる「゛(濁点)」をどのように発音るのか?
これ、どう表現されたと思いますか^^
 

『ふしぎのくにのアリス』
f:id:hd_murakami:20181114180711j:plain
f:id:hd_murakami:20181114180731j:plain

お店のマネージャー岡田さんが、
お店のこだわりと絵本『アリス』をご紹介くださりました。
皆さん気づかれました?店内のアリスは"笑っていない"ってことに。


『すきときどききらい』
f:id:hd_murakami:20181114180758j:plain

読み手三番手は、はじめてご参加の山﨑さん。
山﨑さんのチャーミングな語り声で、兄弟の世界がふわふわっと広がりました。
 

『あめだま』
f:id:hd_murakami:20181114180821j:plain

エンディング読みは、我らがリーダーのジグさん。
幾重にも散りばめられた世界観。僕たちはひとりじゃないんです。そんな想いが染み入りました。
 
 
もちろん、グループ毎での読みきかせ合いっこもありました!
f:id:hd_murakami:20181114180949j:plain
f:id:hd_murakami:20181114181037j:plain
f:id:hd_murakami:20181114181108j:plain
f:id:hd_murakami:20181114181129j:plain
f:id:hd_murakami:20181114181153j:plain
f:id:hd_murakami:20181114181213j:plain

初めて会った大人に、絵本を読んであげる。
初めて会った大人に、絵本を読んでもらう。
この不思議な感覚がたまらないんです。
 
あま~い楽しさと優しい気持ちが
心と空間いっぱいに広がりました。

 
 
こんな感じで今回の「よみきかせナイト」も
心あたたまる幸せなひとときになりました。

ご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございました!
 

 
「大人×絵本×美味しい食事&お酒」
でおくる「よみきかせナイト」は
皆さまと一緒につくりあげていく
絵本と大人の"ほっこり空間"です。
 
 

次回は12月12日の開催になります!

 

皆さまの笑顔にお会い出来ることを
スタッフ一同心よりお待ちしております。
 

 
○●○●○●○



○●○●○●○ 



startup-papa.hatenablog.com

startup-papa.hatenablog.com

startup-papa.hatenablog.com

startup-papa.hatenablog.com




f:id:hd_murakami:20180716120536j:plain

 

 


f:id:hd_murakami:20181114181658j:plain

【その理由】ブログ更新がしばらく滞ってました(^_^;)


f:id:hd_murakami:20181106075102j:plain




先週一週間は、
イベント4回開催
ラジオ収録
セミナーお手伝い
講座参加
と動きっぱなしでした。

もちろん本業も
がんばりつつです。

ですので、
けっこう疲れも
たまってます。

今週のりきれるかな!?(笑)


ちなみに、移動ばかり。
薄給の小遣いが
交通費で圧迫されてます(滝汗)


★10/20(土) 22時放送「ぱぴぷぺパパ3.0」→ 久々のこのコーナー『村上英範のパパの本棚 スペシャルバージョン』なんとゲストはこの方です!!

 
 
 
 

10/20 (土) 22:00放送

『ぱぴぷぺパパ3.0』

関西チャンネル タイムテーブル | ゆめのたね
 
視聴は関西チャンネルの「► 再生」をクリック!
 
 
 
絵描きのパーソナリティー 橘ナオキ氏がおくる
ラジオ番組「ぱぴぷぺパパ3.0」
今回はグレードアップした5カ月ぶりの「村上英範のパパの本棚」
 
 
ゲストはなんとこの方、
澄川白ボーさん!
『ごきげんイノベーション』のパーソナリティで
ゆめのたね放送局のPAさんで、ラップ落語家さん。

澄川白ボーのごきげんイノベーション! | ゆめのたね
 

f:id:hd_murakami:20181018182312j:plain
f:id:hd_murakami:20181019075031j:plain


 
素人の私がパーソナリティをお呼びする
立場があべこべです(笑)

 
 
というのも
ゆめのたね放送局共同代表お二人の
ご著書『第4の居場所』を読んで
 

「パーソナリティさんはどうなんだろう?
 その実体験や想いをぜひ聴いてみたい!!」

 

と思い立ち、
開局当初からご活躍されている
白ボーさんに逆オファーしました。
 

startup-papa.hatenablog.com
 

そしたら、ホンネ溢れる
激熱トークになりました!!

 
 

「えーっ、白ボーさん!本当に、人見知りで、口下手で、あがり症だったんですか??」

 
 
f:id:hd_murakami:20181019075108j:plain


ということで、この回は必聴ですよ。
 
忘れそうな方はアラームの設定してくださいね(笑)
 
 
 
10/20(土) 22:00からは『ぱぴぷぺパパ 3.0』
ゆめのたね放送局の関西チャンネルでお聴きください。
 
 
「人生を遊び尽くせ」をお楽しみください(^-^)/ 
 
 
f:id:hd_murakami:20181018182344j:plain 
 
 
●○●○●○●○●○●○●○●○●○

ゆめのたね放送局 「ぱぴぷぺパパ3.0」
関西チャンネル 土曜日 22:00 - 22:30
http://www.yumenotane.jp/kansai-sat

視聴は関西チャンネルの「► 再生」をクリック!

●○●○●○●○●○●○●○●○●○

「ぱぴぷぺパパ3.0」ってどんな番組?
http://www.yumenotane.jp/papipupepapa

「人生を遊び尽くせ」が合い言葉。
大人って楽しい♪を体感ください!

f:id:hd_murakami:20181018181517j:plain

●○●○●○●○●○●○●○●○●○

 
 
 

○●○●○●○

○●○●○●○


f:id:hd_murakami:20180719211300j:plain 



◆◆ 私の活動 ◆◆

 
サイエンスファシリテーター

「親と子と科学をむすび、未来を創る」
「大人も子どもも共に学ぶ、宇宙は共通言語」

startup-papa.hatenablog.com
 
サイエンスブッククラブ
peatix.com

 
レゾナンスファシリテーター
(速読→加速学習→行動計画の入門講座)
◆変化の時代のコンテンツづくり
◆人生が飛躍する読書術+行動術
resonance-murakami.peatix.com
 
 
描こう あなたのビジネスモデルキャンバス
peatix.com
・新商品・事業開発のお手伝い
・キャリア構築/組織づくりワークショップ
・「はじめてのビジネスモデルキャンバス」ワークショップ

○●○●○●●○

最後までお読みくださり、ありがとうございました (^_^)



○●○●○●○

○●○●○●○




f:id:hd_murakami:20180426103853j:plain

【長男の作品】 誰を想ってつくったんでしょう😊

誰を想ってつくったんでしょう😊


f:id:hd_murakami:20181018133742j:image

 

家族みんながあたたかい気持ちになれました❤

 

 

ちなに1年前はこれです (笑)

startup-papa.hatenablog.com

 

 

レビュー『SNSを超える「第4の居場所」』 岡田尚起・佐藤大輔・共著 アンノーンブックス ~レゾナンスリーディングvol.53

 
 
 

【原体験こそがリソース】

 
 
 
SNSを超える「第4の居場所」
 インターネットラジオ局「ゆめのたね」が
 つくる新・コミュニティ』

 
 
 著者:岡田 尚起
    佐藤 大輔
 出版社:アンノーンブックス
 発売日:2018/7/22
 
 
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4909659005
 
 

f:id:hd_murakami:20181017181043j:plain
 
 
 

ひょんなことから
2016年12月にラジオ収録を初体験。
https://www.yumenotane.jp/papipupepapawww.yumenotane.jp

そのまま、
絵描きパーソナリティ橘氏のラジオ番組
「ぱぴぷぺパパ」の"ゲストパーソナリティ"となり
月一で遊びに伺うようになった
インターネットラジオ局 ゆめのたね放送局。
 
 
その共同代表であるお二人が出版されました。
 
SNSを超える「第4の居場所」
 インターネットラジオ局「ゆめのたね」が
 つくる新・コミュニティ』

 

どのようにして「ゆめのたね」ができたのか。
 
「ゆめのたね」とはどのような存在なのか。
 
そして、どんな未来に向かっていくのか。
 
 
お二人の原体験からなる「心と社会」の物語に
私自身の今の想いも重なり、ぐいぐい引き込まれました。

 
 
 

◆例えば、私の「夢の種」

 
 
サイエンスファシリテーターの「夢の種」は
長男との朝の学習にありました。
科学の本を一緒に読み、共に世界を広げていくことです。
 
 
もともと私は、自分の父親との関係性に
ずっと負の感情を抱えていたのですが
それを解放してくれたのが「息子との共創学習」でした。
 
 
"共に"学ぶことで新しい親子関係ができ
なんとなく未来が拓けるような錯覚がしました。
 
 
この体験が、社会に伝染していけば
だんだんと親子のカタチが更新されていき
なんとなく明るい社会になるような気がする
これがスタートでした。
 
 
サイエンスは手段であり
本質的なところは
 

「親と子と科学をむすび、未来を創る」

 
大人も子どもも"共に"学ぶ空間づくりを
志すようになりました。
 
 
大きなこウェーブはまだこれからですが
関われる周囲から少しずつでも伝播していくと
少なくとも暗い社会にはならないと感じています。
 
 
 

◆そのために「自分で環境をつくり、自分を磨く」

 
 
ガンジーのこの言葉が好きで、指針にしています。
 

見たいと思う世界の変化にあなた自身がなりなさい

 
 
私たちは誰しもが、
世界という大きなシステムの
一部分を担っています。
 
 
私の場合は、
サラリーマンという小さな世界の
エンジニアという部分を担いっています。
 
その環境で、願う変化をつくろうと
失敗と挑戦を繰り返しています。
 
そして時には、
別の小世界にも踏み出し
新しい価値観と交流します。
 
 
小さいながらも自分自身が
変化の起点を志すならば、
自分で環境をつくり、
自分を磨くことの重要性は
日増しに感じるようになりました。
 
 
そして、自分を動かす「心の声」。
 
根源は自分自身の
「原体験」だと実感しています。
 
 
自分さがしではなく「自分づくり」。
原体験を掘り起こすことにこそ
未来への一手が隠れています。
 
自分らしくよりも「自分だからこそできること」
 
 
そして「原体験」から生まれた「心の声」は
たくさんの「感情」を生み出してくれます。
 
 
感情は(古い)会社という小世界においては
出さないことが好まれまることが多いです。
 
 
でも、それは苦しいしことだし
根っこの部分でつながりにくいと思うのです。
 
 
私の場合は、その反動でしょうか?
近ごろでは「ぱぴぷぺパパ」に出演するたびに
「感情」が漏れるようになってきました。
 
 
そんな「感情」の集まる場。
それが「ゆめのたね放送局」なのです。
 
 
パーソナリティや視聴者の数だけ
様々な「感情」が世界に発信されているのです。
 
 
 

◆感情コミュニティ

 
 
ゲストパーソナリティとなり1年と10カ月。
回を重ねるごとに実感しているのが感情の力です。
 
 
原稿を準備して上手に話そうとするよりも
下手くそでも感情ベースで本音を語れたときの方が
たくさんの声をいただけるようになりました。
 
 
これはSNSだけではなかなか難しいのではないでしょうか。
 
 
まさに「感情コミュニティ」である
インターネットラジオ局「ゆめのたね」の
存在意義であると感じています。
 
 
この場にふれると
様々な感情に出会い、自身の感情が感化され
想像もしなかった道がたくさん拓けました。
 
 
ということで
SNSを超える「第4の居場所」』
ぜひ、お読みいただきたい一冊です。
 
きっとあなたも「感情」が沸き立ちますよ!
 
 
 
f:id:hd_murakami:20181017181118j:plain
 
 

 

◆関連:感情が漏れ出た回

 

妻へのメッセージを語る

startup-papa.hatenablog.com
startup-papa.hatenablog.com
 

サイエンスファシリテーターが創りたい居場所

startup-papa.hatenablog.com
 

自分が組織の変化になる

startup-papa.hatenablog.com
 
 
 
 

レビュー『Google式 4ステップ・キャリア戦略』 ダイレクト出版 月刊ビジネス選書10月号 ~レゾナンスリーディングvol.52

 
 
 

【使えます!人生100年時代を歩む戦略本!】

 
 
 
Google
   4ステップ・キャリア戦略』

 
 
 著者:ジェニー・ブレイク
    元Google人材開発プログラム開発者
 出版社:ダイレクト出版
 月刊ビジネス選書2018年10月号
 
 
f:id:hd_murakami:20181016225855j:plain
(レゾナンスリーディング25分+通読45分)
 
 
 
こんにちは。
レゾナンスファシリテーターの村上英範です。
https://resonance-murakami.peatix.com/
いつもお読みいただきまして、ありがとうございます。
 
 
 
10月ですね。朝晩、肌寒くなってきました。
気づけば、本年も残り3ヵ月をきっています。
 
さて、2018年のお仕事はいかがだったでしょうか?
 
「順調!」「いまいち…」「もっと良くしたい」
「現状維持かな」「ステップアップしたい」
「キャリアチェンジしたい」「専門性を極めたい」
 
いろいろな振り返りや目標があると思います。
 
 
そういう私は、
キャリアの転換期をむかえ(自己診断です)
やる気と停滞(環境)の狭間でもがいています(汗)
 
startup-papa.hatenablog.com
startup-papa.hatenablog.com

 
そんなタイミングで実益ある一冊が届きました。
 
それが今回ご紹介する
Google式 4ステップ・キャリア戦略』
です。
 
 
ダイレクト出版さんの今年度の月刊ビジネス選書では
個人的に『クリティカル・トーキング』に次ぎます。

startup-papa.hatenablog.com
 
 
 
原書はこちらですね。
2016年9月の出版で、ダニエル・ピンク氏の推薦もあります。
 
『Pivot:
 The Only Move That Matters Is Your Next One』
 
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1591848202
 
 Amazonレビューは高評価です。
(☆の数での印象、英語レビューは読んでいません。汗)
 
 
著者のジェニー・ブレイク氏の肩書は
Google人材開発プログラム開発者とあります。
 
ゆえに『Pivot』が『Google式』との
邦題になったわけですね。
 
 
 
◆なぜ、今「ピボット」が重要なのか?
 
 
私たちがいるこの時代。
これまでの社会で普通だと考えられてきたよりも
ずっと短い期間で、各人に大きな変化が起こっています。
 
 
この変化のスピードに戸惑うことなく
キャリアの移行を円滑に進めることができれば
それこそが強みになります。
 
 
それでは、私たちはどのようにすれば
キャリアを円滑に移行できるのでしょうか?
 
 
それは、すでに自分自身の中にある
強み、興味、経験を生かして
関連する新しい仕事に移行することです。
 
 
つまり、うまくいっていることに重点的に
力を注いで、それに関連する新しい方面に
意図的に方向転換すること。
 
 
これが本書の主題となる
「ピボット(方向転換)」
です。
 
 
この「ピボット(方向転換)」は
キャリアを転じるための
意図的で体系的なプロセスになります。
 
 
実のところ私たちは、
必要なスキルの多くは、
すでに身に付いているものです。
 
しかし、なかなかそれに
気づかないことが多いです。
 
 
大切なのは、好機が訪れたときに
ピボット(方向転換)できるように
自分の強みを表面化させて
準備しておくことだとあります。
 
 
自分の中に眠る必要なものは
成功体験ばかりである必要はありません。
 
経験した困難や苦しみを
個人的な欠点として捉えて悩まずに
貴重な原体験として、
リソースに変換することができるのです。
 
 
<参考>ジブン起業塾
startup-papa.hatenablog.com
 
 
 
 

◆ピボットメソッドの概略

 
 
アジャイル開発のイメージです。
(チームを組み、計画立案、テスト、リソースを
 スピーディに繰り返すことによって
 プロジェクトを前進させていく手法。)
 
 
過去よりもずっと頻繁に
キャリアの転機を迎える時代である以上、
繰り返し転機を迎えることによって
自分を戦略的に高めていくのです。
 
 
その戦略は4段階のプロセスで構成されています。
この4つの段階を繰り返すことで
「現在の自分」と「目標とする自分」との
差を計画的に縮めていきます。
 
 
第1段階 プラント(基盤作り)

「自分にとっての人生の次の一歩における成功とは何か?」

自らの価値観、強み、興味、そして
1年後の未来像(ヴィジョン)に基づいて土台を作る
 
 
第2段階 スキャン(探索)

必要と思われる新しいスキルについて調べる、
人と話す、潜在的な機会についての情報を整理する
 
 
第3段階 パイロット(試行)

リスクの低いちょっとした実験をして、
新しい方向性を試す。
試行を重ねることで、実際のデータと反応が集まり
そのたびに針路を調整できる。
 
 
第4段階 ローンチ(始動)

思い切った行動をとる。
先の3つの段階を必要に応じて繰り返すことで
リスクを低減し、成功する可能性を高まった状態にある。
 
 
そして
第5段階 リード(指導)
 
 
この4ステップ・キャリア戦略が
各プロセスに応じて体系化されているので
「現在の自分」と「未来像」とのギャップを把握でき
計画的に縮めていくことができます。
 


f:id:hd_murakami:20181016230132j:plain

 
 

◆まとめ

 
 
個人的には、再現性のある一冊に感じています。
 
これまで学んで実践してきたコトも多いのですが、
各ステージにおける戦略が体系化されているので
手元にあれば便利です。
 
 
特に良かったポイントは
プロセス毎に強力な「問い」が豊富にあることで
迷いが生じた時に、立ち返ることができそうです。
 
 
それにより視点を切り替えやすくなるので
ビジネスモデルキャンバスを動かす際に役立ちますね。
 
 
ビジネスだけに関わらず、
人生100年時代を歩むうえで
実用性の高い一冊ではないでしょうか。
 
 
 

◆◆ 私の活動 ◆◆

 
サイエンスファシリテーター

「親と子と科学をむすび、未来を創る」
「大人も子どもも共に学ぶ、宇宙は共通言語」

startup-papa.hatenablog.com
 
サイエンスブッククラブ
peatix.com

 
レゾナンスファシリテーター
(速読→加速学習→行動計画の入門講座)
◆変化の時代のコンテンツづくり
◆人生が飛躍する読書術+行動術
resonance-murakami.peatix.com
 
 
描こう あなたのビジネスモデルキャンバス
peatix.com
・新商品・事業開発のお手伝い
・キャリア構築/組織づくりワークショップ
・「はじめてのビジネスモデルキャンバス」ワークショップ

○●○●○●●○

 
 
 
最後までお読みくださり、ありがとうございました (^_^)
 
 
 
○●○●○●○

○●○●○●○
 
 
f:id:hd_murakami:20180704175309j:plain
 
 
 
 
 

感想&覚悟『本当の自分を生きる』 榎本英剛・著 春秋社

【本当の自分と正対する】



私のロールモデル・尊敬する方からご紹介いただいた本。
朝方まで、読み入りました。


心の声。
Facebookやブログ・ラジオを通して、8月頃からダダ漏れになってますが(汗)
あらためて、この本を通して正対しました。


f:id:hd_murakami:20181016173347j:plain
 


『本当の自分を生きる
 人生の新しい可能性をひらく
 8つのキーメッセージ』

 
 
 著者:榎本 英剛
 出版社:春秋社
 発売日:2017/12/21
 
 
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/439336550X
 
 

 
「本当の自分」とは何か?


それは、その時代その環境で、連続して変わりゆくモノだと感じています。


どのタイミングであっても「本当の自分」は存在し、大切なのは、本音の部分に、どのように向き合えるのか?にあるのではないでしょうか。


私の場合でいうと、「本当の自分」というのは、突然ある日ふっと沸いた理由なき「内なるささやき」が、たくさんの価値観と交流を繰り返すなかで、「心の声」あるいは「使命」として明確になりました。
きっと私一人では形成できなかったと思います。


コアとなるモノは幼きころからあったように感じます。
それが、現れたり、潜んだり、時にはカタチを変え、今のこの瞬間には「使命」としてあるのだと思います。


ここに「外部からの願い」が加わることで、将来断続的に進化していくのでしょう。


これには行動することが必要不可欠です。
まず行動して、その結果をフィードバックすること。
この積み重ねです。
「何もしなかった期間」と「行動だけでもしていた期間」を比較すると、やはり得るものは異なりました。


ひとつ重要なのは「期待」を手放すこと。
自分はこれが随分と苦手でした。
今年の8月に私の兄貴的な存在の方からアドバイスをもらい「期待」を手放す練習をしていました。


「こうなって欲しい」ではなく「きっとなるべきようになるだろう」


これは「信頼」という心持ち・あり方であると書かれています。


もっというと「ラディカル・トラスト」
何の根拠もなく、見返りも求めず、この世界が敵ではなく、味方であると信じることです。


今の自分はやはり流れが来るのを待つことが必要そうです。
9月に入り、再び活動を社外にも置き始めたことで
シンクロニシティはポツポツと起こるようになってきました。
(人との出会いは、本当に有り難いです。)


しかしながら、人生が有限であることを考えると
この「待つ」期間というのは非常にしんどいです。


早く答えがほしい、早くパートナーに巡り合いたいと、つい結果を求め、知らず知らずに行動の先に期待を寄せてしまうからです。


今とてもしんどい時期。
だからこそ、この状況をどう意味づけるかが問われます。


正しい問いを持つこと。
ヒントは「人の可能性が最大限に発揮されるような社会とはどのようなものか?」にあると感じています。


そして、自然な流れに従い、行動を積み重ねていくこと。
腐るのではなく、前向きな錯覚を大切にしたいです。


「きっと良いタイミングで御縁が結ばれるだろう」と。


(今は秋3年目ですが、来年からはようやく冬1年目です。)


この状況はまさに将来への準備と捉えることができそうです。

ビジネスモデルキャンバスでいうところのキーリソースになるための準備期間だと考えることができます。


リソースを行動で体現し、私の使命で困っている方々の助けとなるように、考え動くことを絶えず繰り返したいと思います!


どうか御縁とタイミングがありますように(^_^)


f:id:hd_murakami:20181016173416j:plain

 
○●○●○●○

○●○●○●○



◆ここに至るプロセス・途中経過

【同じ志をもつ方と共に働きたい。"新たな自分"を必要としてくれる環境に飛び込みたいという想いが高まっています】
startup-papa.hatenablog.com

【前向きな錯覚で行動を!】
startup-papa.hatenablog.com

【変革をやり遂げる意志とスキル】
startup-papa.hatenablog.com

【今、逆境を越え、人生を拓くとき!】
startup-papa.hatenablog.com

【ズバズバささった私的2018年度上半期No.1のビジネス書】
startup-papa.hatenablog.com
※実践して得た結果から不足部分を確認できました。

【ライフチャレンジ・エンジニア宣言!】
startup-papa.hatenablog.com

f:id:hd_murakami:20180920193833j:plain
 

◆◆ 私のライフワーク◆◆

 
サイエンスファシリテーター

「親と子と科学をむすび、未来を創る」
「大人も子どもも共に学ぶ、宇宙は共通言語」

startup-papa.hatenablog.com
 
サイエンスブッククラブ
peatix.com

 
レゾナンスファシリテーター
(速読→加速学習→行動計画の入門講座)
◆変化の時代のコンテンツづくり
◆人生が飛躍する読書術+行動術
resonance-murakami.peatix.com
 
 
描こう あなたのビジネスモデルキャンバス
peatix.com
・新商品・事業開発のお手伝い
・キャリア構築/組織づくりワークショップ
・「はじめてのビジネスモデルキャンバス」ワークショップ

○●○●○●●○


最後までお読みくださり、ありがとうございました (^_^)


○●○●○●○

○●○●○●○


f:id:hd_murakami:20180920200711j:plain


f:id:hd_murakami:20180920194233j:plain


 
 

2018/11/16開催〈宇宙×絵本×お酒〉 イマジネーションで宇宙を描こう

〈 宇宙×絵本×お酒 〉

イマジネーションで体感する宇宙


f:id:hd_murakami:20181016191439j:plain



◆申込み

www.learningbar.club


なぜ、人類は宇宙を目指すのか? 幼いころに抱いた宇宙への憧れは、大人になり大きな”問い”に変わりました。果てしなく広い、宇宙。人類がたどり着いたことのない果て。数えきれない天体。だからこそ”謎”も無限に満ちています。そんな宇宙を、子ども達は目をキラキラ輝かせながら、想像力を膨らませます。「イマジネーション」。大人になった今でも、大切にしたいこと。なぜなら、人類は想像力を駆使し、謎を創造し、答えを発見することで、進化してきたからです。つまり、宇宙を想像することは、未来を創造する行為だとは言えるのではないでしょうか。このクラスでは、子どものように宇宙であそび、未来づくりのきっかけとなる場にしたいと考えます。

1. はじめに 宇宙と絵本(導入ワーク)

2. 読み語り 知識と感受性

3. 子どものように宇宙をイマジネーションしよう(体感ワーク)

4. さいごに 宇宙からの帰還、子どもから大人へ(振り返り)

参加してほしい方

・子どものように宇宙を語りたい方・聴きたい方

・絵本の世界から日常にはないインスピレーションを受けたい方

・宇宙の謎にふれ、問う力・発見する力を養い、ワクワクした未来を描きたい方

プロフィール

村上 英範 (むらかみ ひでのり)

・サイエンスファシリテーター

・ビジネスモデルイノベーション協会認定ジュニアコンサルタント 、 レゾナンスファシリテーター

・おとなの絵本プロジェクト大阪スタッフ

メーカー勤務のエンジニア。新事業の開発プロジェクトリーダー。社内勉強会を3年間推進した後、2015年より社外での読書会型ワークショップやセミナーの開催がライフワークとなる。なかでも、科学に夢中になった長男と切磋琢磨するなかで、高校時代は大の苦手であった科学の楽しさに気づき、サイエンスファシリテーターとして活動をスタート。科学やテクノロジーの本で読書会を主催し、36回で延べ210名を動員する。2017年にバンドー神戸青少年科学館で、大人と子どもが"共に"宇宙を学ぶ読書会に発展。小3の長男も自身のイベントに参加するようになり、親と子で未来を創り始める。

このライフワークでの挑戦が、人生をガラリと変えてくれたことに気づき、自身の体験やプロセスを組織に還元することで、新たな働き方の創出やチーム力・技術力の飛躍を目指すようになる。共創学習をベースに、仲間とのチャレンジ・人生へのチャレンジを生み出せる組織づくりに挑戦している。

<ご参考>

・サイエンスファシリテーター活動まとめ
startup-papa.hatenablog.com

・おとなの絵本プロジェクト大阪スタッフ
startup-papa.hatenablog.com
※今回おとなの絵本プロジェクトは直接関係ございません。ご参考です。


<主催>
Learning Bar CF 曽根崎

www.learningbar.club

○●○●○●○

○●○●○●○