お父さんは サイエンスファシリテーター

お父さんは サイエンスファシリテーター

目標は、名著『ビジネスマンの父より30通の手紙』のような【書】を子ども達に残すこと!でスタートしたけれど、自分のエゴにおこがましさを感じはじめた今日この頃(笑) 小さな歩みをコツコツ積み重ね、20年後の自分が振り返った時に、幸福感と高揚感に包まれるブログにしたいです。 ★★★科学館での親子イベントや読書会型ワークショップによる共創学習をお手伝いしています。 ご依頼はメッセージにてお気軽にお問い合わせください。宜しくお願い致します。★★★

【2019年3月8日開催】 深めるシナジー読書会『ホモ・デウス(下)テクノロジーとサピエンスの未来』ワークショップ

 

 


f:id:hd_murakami:20190123110047j:plain
f:id:hd_murakami:20190123110108j:plain

 

深めるシナジー読書会

『ホモ・デウス(下)テクノロジーとサピエンスの未来』アップデート版

(サイエンスブッククラブ25)


お申し込みはこちらから
peatix.com 
 
 

 

※『サピエンス全史』『ホモ・デウス(上)』を読んでいなくても大丈夫な仕掛けになっています。
 

※読書会が初めて、私は文系ですという方も大歓迎です!
サイエンス学び始め、女性の方も多くご参加いただいています(^_^) 

 

 

<深めるシナジー読書会で頂戴したご感想>

 
サイエンス系の本に対する壁や固定観念が取れました!
読書会で読むと理解が深まりますね。
普段は手に取らない本を読むことで「チャンレンジ精神」や

「科学的な視点」を得ることができました!
大阪でサイエンスを学べる読書会はここだけ。
村上さんの人柄もおすすめします。
(すゑさん 男性・30代・技術職)

 
 
とても頭に汗をかきますね!!
同じ本でも、読む人によって捉える内容や感じ取る箇所が
異なることがわかり、おもしろかったです。
それゆえ他の参加者の方とアイデアや感想を交換することで
一人では味わえない効果的な読書が体験できました。
このサイエンス読書会でなければ、
たぶんこの本は途中で読むのを投げ出していたと思います(笑)
(フカエさん 男性・40代・会社員)

 

 
"本は一人で読むもの"という先入観がありましたが
初めての読書会体験で払拭できました。
みんなで同じ本を同じ時間で読む楽しさ
みんなの意見を自分の知識に取り入れることが体験できました。
ワークショップの中に様々な仕掛けがあり
初対面同士でも、自分が考えていることを
体裁を気にせず話せたのが嬉しかったです。
職場での会議でも活かせることがありましたので、活用します!
(よねさん 女性・子ども関係のお仕事) 
 

 
サイエンス本は難しそうと緊張しましたが
皆さんとリラックスして話し合えました!
社会人の方と話しをすることで、
学生とは異なる考えに触れることができました。
本に込められた"思い"を理解することで視野を広げていき、
たくさんの事に感動できる人になりたいです。
サイエンスはこれまで苦手な分野でしたが
自分も少しずつ学び、それを不得手に感じている人への
手助けができるようになりたいです。
(リカさん 女性・大学生) 

 


【開催レポート】2019/11/2 『ホモ・デウス(上)テクノロジーとサピエンスの未来』読書会

http://startup-papa.hatenablog.com/entry/2018/12/07/172333



 
お申し込みはこちらから
peatix.com
 


f:id:hd_murakami:20190123110444j:plain



 
以下、詳細です。

○●○●○●○●○●○●○●○●○

 

世界で800万部を突破

&ビジネス書大賞2017大賞

『サピエンス全史』待望の続編!

 

発売直後に4回の読書会を行った

私自身にとっても思い入れの深い

『サピエンス全史』読書会をパワーアップ!

 

サイエンスファシリテーターとご一緒しませんか?

 

○●○●○●○●○●○●○●○●○

 

 

35カ国以上で刊行され、400万部突破のベストセラー

『ホモ・デウステクノロジーとサピエンスの未来』

この本をから、あなたの新しい未来への一歩をつくりませんか?

 

 

私たち人類は、どこへ向かうのか?

 

不死と幸福、神性を目指し、

ホモ・デウス(神のヒト)へと自らをアップグレードする。

そのとき、格差は想像を絶するものとなる。。。

 

私たち人類が、新たに取り組むべきこととは何なのでしょうか?

 

 

衝撃の未来が描かれる『ホモ・デウス(上)』を

2時間半で深められる読書会型ワークショップです。

 

 

ホモ・デウス(神のヒト) ?

 

文明史とテクノロジー

 

むつかしいイメージが先行するかもしれません。

 

しかし、なんといっても

35カ国以上で刊行され、400万部突破のベストセラー!

 

帯には、すごい方々が推薦しています。

 

 

「優れた作品である『サピエンス全史』よりも

 面白く読める、より重要な作品である。」

──カズオ・イシグロ(ノーベル文学賞受賞者)

 

 

「人類にとって何が待ち受けているのか、

 思慮深い考察を著している。」

──ビル・ゲイツ(マイクロソフト創業者)

 

 

「あなたに衝撃を与え、楽しませ、そしてなによりも

 以前は考えたこともないような方法で

 あなたを考えさせる。」

──ダニエル・カーネマン(ノーベル経済学賞受賞者)

 

 

「科学技術の終焉か? パンドラの箱が今開く。」

──山極壽一(京都大学総長)

 

 

「人類史と先端テクノロジーを見事に融合した傑作。」

──佐々木俊尚(作家・ジャーナリスト)

 

 

ニューヨーク・タイムズ紙、ウォール・ストリート・ジャーナル紙、

ワシントン・ポスト紙、ガーディアン紙ほか、各紙大絶賛

とのこと。

 

 

私自身も洋書が発売される前から大注目していた

2018年度ベスト1な一冊です。

 

 

そして、前作『サピエンス全史』読書会を4回開催し

とてもとても盛り上がった思い入れの深さがあります。

 

翻訳版が発売されたばかりのこのタイミングで、

皆さんと一緒に『ホモ・デウス』への学びを深め、

未来をつくる一歩にしたいと感じました!

 

 

さらにこの読書会では

私がこれまで取り組んできたサイエンス読書会の

エッセンスをギュッと濃縮して、お届けします。

 

 

2時間半で『ホモ・デウス(下)』を立体的に学べる読書会型ワークショップ。

 

 

深い学びの場とするため6名さま限定で行います。

 

 

あなたのご参加を心よりお待ちしております^^

 

 

 

※※※※

 

必ず、以下の内容をお読みください。

イベントの趣旨をご理解いただけましたら

どなたでもご参加いただけます。

初めての方、サイエンス初学の方、大歓迎です!

 

※過去「無断で」欠席された方のお申込みは

やむなくお受けできなくなりました。

 ご了承いただけますでしょうかm(_)m

(ご連絡いただいた方は問題ございません。)
 

 

○●○●○●○

 

 

開催概要:

 

日時:

 2019年3月8日 (水) 19:00~21:45

 (18:45受付)

 

 ※状況に合わせて若干延長する場合がございます。

 

 

会場:

 「プラム会議室」

  大阪府大阪市北区芝田2-8-15 北梅田ビル23号室

 https://www.spacee.jp/listings/9234

 

 地図

 https://maps.google.com/maps?q=34.7075721,135.4955487

 

 阪急梅田駅5番出口を出て(ヨドバシカメラから出て)徒歩6分

 

 詳細な行き方

 https://youtu.be/vndyo-4mVnk

 

 

持ち物:

 『ホモ・デウス (下)

  テクノロジーとサピエンスの未来』

 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309227376

 

 ※本は必ずお持ちください。

  「紙の本」を推奨します。

 

 ※事前に読んで来なくても大丈夫です。

  イベントの中で読んでいきます。

 

 

参加費:

 

 はじめての方:

 通常5,000円→特別価格3,000円

 

 リピーターの方:

 通常4,500円→特別価格2,000円

 

 (会場諸経費等・当日現金払い)

 

 サイエンスファシリテーターのプロモーション

 活動のため、年内は特別価格の予定です。

 

 

定員: 8名限定

 (定員に達しますとキャンセル待ち

  をさせていただきます。)

 

 

○●○●○●○

 

 

読書会型ワークショップとは?

 

①事前に本をお読みいただく必要はありません。

イベントでの読書体験をお楽しみください

 

②本のすべてを読むことはせず

 ワークショップで主体的な読書をします。

(イベント後に通読を試されると、

 より効果を実感いただけると思います。)

 

③参加者との交流を通して、

一人では得がたい気づきと学びを得られます。

 

④不思議な読書法をすることもあります。

自分の思考の枠から飛び出し

 「やってみたい!!」とワクワク遊びながら

楽しめそうでしょうか♪(?)

 

⑤親しみやすさと心地よさを目指しています。

 どなたでも安心してご参加いただけます。

初めてご参加の方、女性の方も多く

 サイエンスやテクノロジーを学ぶきっかけに

 されています。

 

 

※※キャンセルについて※※

 

原則は開催日の「2日前」までとさせてください。

当日のキャンセルや無断での欠席は

やむをえない状況を除き、お控えください。

 

①キャンセル待ちの方を含め

 多くの方にご参加いただきたいです。

 

②お座席確保や諸経費など主催者側での

負担となります。

収益性のないイベントのため

 ご理解をお願いいたします。

 

※過去「無断で」欠席された方のお申込みは

やむなくお受けできなくなりました。

 ご了承いただけますでしょうかm(_)m

(ご連絡いただいた方は問題ございません。)

 

 

○●○●○●○

 

 

サイエンスファシリテーター紹介

 

村上 英範 (むらかみ ひでのり)

 

サイエンスファシリテーター

Read For Action認定リーディングファシリテーター

レゾナンスリーディング社認定レゾナンスファシリテーター

ビジネスモデルイノベーション協会認定ジュニアコンサルタント

ライフチャレンジ・エンジニア

 

メーカー勤務のエンジニア。新事業の開発プロジェクトリーダー。相互研鑽を目的に社内勉強会を3年間推進、読書クラブを運営し1年で100冊の書評を記した。2016年から社外での技術セミナー講師も務める。

 

第3子誕生時の育休体験を機に心から家族に寄り添えようになる。父親としての成長を志し、年間250冊の読書で自身を鍛える。リビングで学ぶ姿を見た子ども達も自然と本が好きになり、共に学習する環境が生まれる。科学に夢中になった長男と切磋琢磨するなかで、高校時代は大の苦手であった科学の楽しさに気付き、サイエンスファシリテーターとして活動をスタートする。科学やテクノロジーの本で読書会を主催。36回で延べ210名を動員。2017年よりバンドー神戸青少年科学館で、大人と子どもが"共に"宇宙を学ぶ読書会を開催。小3の長男も自身のイベントに参加するようになり、親子で未来を創り始める。

 

仕事と家庭とパラレルキャリアを並立。

親と子と科学をむすび、未来を創る活動を行っている。

 

 

コンセプト:

 

【親と子と科学をむすび、未来を創る】

 

【大人も子どもも共に学ぶ、宇宙は共通言語!】

 

 

○●○●○●○

 

 

◆いただいたご意見・ご感想

 

 

サイエンス系の本に対する壁や固定観念が取れました!

読書会で読むと理解が深まりますね。

本書を読むことで「チャンレンジ精神」について

新しい視点を得ることができました!

この著者は、自分が面白いと考えることに

何度もやり方を変えながら挑み続け、

しかし適度に諦め、妥協もする姿勢(笑)

概念が変わりました。

私も職場で、負けずにたくさんトライ&エラーをしてみます!

大阪でサイエンスを学べる読書会はここだけ。

村上さんの人柄もおすすめします。

(すゑさん 男性・30代・技術職)

 

 

同じ本でも、読む人によって捉える内容や感じ取る箇所が

異なることがわかり、おもしろかったです。

それゆえに、他の参加者の方とアイデアや感想を交換することで

一人では味わえない効果的な読書が体験できました。

この読書会でなければ、たぶんこの本は途中で読むのを

投げ出していたと思います(笑)

(フカエさん 男性・40代・会社員)

 

 

本の題名から笑い寄りの内容を想像していまいたが

中身は違いました。

普通の人がやらない"変な事"を大マジメに仮説検証する

著者に驚きと笑いをもらいました。

"本は一人で読むもの"という先入観がありましたが

初めての読書会体験で払拭できました。

みんなで同じ本を同じ時間で読む楽しさ

みんなの意見を自分の知識に取り入れることが体験できました。

ワークショップの中に様々な仕掛けがあり

初対面同士でも、自分が考えていることを

体裁を気にせず話せたのが嬉しかったです。

職場での会議でも活かせることがありましたので、活用します!

(よねさん 女性・子ども関係のお仕事) 

 

 

リラックスして話し合えました!

社会人の方と話しをすることで、

学生とは異なる考えに触れることができました。

本に込められた"思い"を理解することで視野を広げていき、

たくさんの事に感動できる人になりたいです。

サイエンスはこれまで苦手な分野でしたが

自分も少しずつ学び、それを不得手に感じている人への

手助けができるようになりたいです。

(リカさん 女性・大学生) 

 

 

 

○●○●○●○

 

 

「サイエンス ブック クラブ」とは?

 https://peatix.com/group/48586

 

 サイエンスやテクノロジーの分野を

 仲間と共に遊びながら学んでいこうというのが

 このサイエンス読書会シリーズです。

 

 大人も。子どもも。

 

 これからサイエンスを学び始めたい方も。

 骨太なサイエンス本を読みこなしたい方も。

 

 ご一緒いただいています^^

 

 

第21回 2018/10/21

科学館で読書会 vol.3 「宇宙探検にでかけよう」inバンドー神戸青少年科学館(科学館イベント「はやぶさ2」コラボ企画)

 

 

第17回 2018/06/17

科学館で読書会 voi.2 「宇宙を想像してみよう」inバンドー神戸青少年科学館

http://startup-papa.hatenablog.com/entry/2018/07/02/193246

 

 

第16回 2018/02/09

脱力系サイエンス(笑)『人間をお休みしてヤギになってみた結果』読書会

http://startup-papa.hatenablog.com/entry/2018/02/13/202601

 

 

第15回2017/10/10

東京開催STE(A)Mを体験する読書会『現代の魔法使い 落合陽一』から学ぶ未来の創り方

http://startup-papa.hatenablog.com/entry/2017/11/19/205244

 

 

第14回 2017/10/8

科学館で読書会『宇宙を探検しに行こう』inバンドー神戸青少年科学館

http://startup-papa.hatenablog.com/entry/2017/10/08/190000

 

 

第13回 2017/8/16

AI不安をふっ飛ばす!「AIの基礎を学び、話せるようになる」読書会

https://www.read4action.com/report/detail/?id=880

 

 

第12回 2017/7/28

ビジネス書大賞2017大賞作品 『 サピエンス全史(下) 』 読書会

https://www.read4action.com/report/detail/?id=881

 

 

第11回 2017/7/4

ビジネス書大賞2017大賞作品 『 サピエンス全史(上) 』 読書会

https://www.read4action.com/report/detail/?id=838

 

 

第10回 2017/6/29

STE(A)Mを体験する読書会『現代の魔法使い 落合陽一』から学ぶ未来の創り方

https://www.read4action.com/report/detail/?id=837

 

 

第9回 2017/5/27

ナンジャモンジャDEサイエンス!<宇宙編>

http://startup-papa.hatenablog.com/entry/2017/05/31/164704

 

 

第8回2017/4/23

伊丹こども文化科学会館 研修読書会

http://startup-papa.hatenablog.com/entry/2017/04/16/170000

 

 

第7回 2017/3/24

『サピエンス全史(下) 文明の構造と人類の幸福』読書会

http://startup-papa.hatenablog.com/entry/2017/03/24/000000

 

 

第6回 2017/3/11

新機軸!ナンジャモンジャDEサイエンス!

http://startup-papa.hatenablog.com/entry/2017/03/11/000000

 

 

第5回 2017/2/22

『サピエンス全史(上) 文明の構造と人類の幸福』読書会

https://www.read4action.com/report/detail/?id=716

 

 

第4回 2017/1/28

『AI時代の人生戦略 「STEAM」が最強の武器である』読書会

http://startup-papa.hatenablog.com/entry/2017/02/09/214126

 

 

第3回 2016/12/2

『ヒトはどこまで進化するのか』読書会

https://www.read4action.com/report/detail/?id=565

 

 

第2回 2016/11/4

『シンギュラリティは近い』読書会

https://www.read4action.com/report/detail/?id=538

 

 

第1回 2016/10/5

『<インターネット>の次にくるもの』読書会

http://startup-papa.hatenablog.com/entry/2017/01/14/213713

 

 

○●○●○●○

 



f:id:hd_murakami:20190123110628j:plain

 

【2019年2月9日開催】 サイエンスブッククラブvol.24 テーマ「未来 (Future)」(今を見通し未来を創るサイエンス100冊/学び始めのサイエンス)

 

f:id:hd_murakami:20190123104456j:plain


サイエンスブッククラブ vol.24

(今を見通し未来を創るサイエンス100冊/学び始めのサイエンス)


お申し込みはこちらから
peatix.com 

 

テーマは「 未来 (Future) 」

 
 

○サイエンス本に興味があるんだけれど
 敷居が高くてなかなか手を出せないとお感じの方
 
⇒みんなの力を借りながら、読めるようになりませんか?

 

○好きなサイエンス本を紹介したい方
 
⇒対話を通してみんなの視点でさらに深めてみませんか?
 

 

お持ちいただくサイエンス本に特に定義はございません。

今回のテーマ「未来 (Future)」をイメージする
あなたがサイエンスっぽいと感じた本をお持ちください^^

 

未読歓迎/既読はさらに深まります!

 

いつもとは違う土曜朝2時間を過ごしてみませんか?

ご一緒にサイエンスで楽しみましょう!

 

 

<これまでのご感想>

 

新しい本の読み方を学べ
サイエンスのイメージが変わりました。
難しくて手が出しづらかったですが手を伸ばせば
その世界に触れ、楽しめるものになりました。
日常にはない刺激です!
(女性・30代・人事職)

 

新しい学び方で、読書の幅も広がりました。
サイエンスは、苦手だけど興味があるものでしたが
この場を通して、発見が増えていくオモシロさが加わりました
どんなサイエンスの本があるのか?
どんな人と話せるのか?もポイントです。
楽しめました!
(男性・40代・企画職)
 
 

私は文系なので、普段ふれることのない
知的刺激を得たくて参加しました。
未読で本当に大丈夫かな?と感じていましたが
問い→答えを繰り返すサイクルが刺激的で
短い時間で対応する難しさも感じながらも
それがとても面白かったです。
ぜひ会社のメンバーにもおすすめしたいです。

(女性・40代・営業職)


 
お申し込みはこちらから
peatix.com
 



f:id:hd_murakami:20190123105303j:plain




以下、詳細です。
----------
 
 

✓私は科学アレルギー

 

✓サイエンスを知らなくても生活や仕事はできている

 

✓難しいテクノロジーのニュース、つるんと鵜呑みにしてしまう

 

人工知能が仕事を奪うってホントなの? このままでいいのか不安…

 

✓専門家の解説は、専門用語ばっかりでよく分からない

 

✓今から学ぶのは大変そう

 

 

でも最近、何となく

「こんなコト言ってられなくなってきたかも…」

と、お感じではないでしょうか?

 

 

四六時中ネットやテレビから送られてくる未知のテクノロジー情報。

 

一方で、世界が急激に変わり、仕事や生活に影響しているのも事実。

 

 

そう感じているにもかかわらず…、

食わず嫌いのまま、目を背けたままではないでしょうか。

 

あるいは、知りたいけど、

一人で学ぶのは大変だなぁとお思いではないでしょうか。

 

 

そこで、まずはお手軽にサイエンス本に触れながら

「学ぶきっかけ」→「深める」→「科学感度が向上した生活」

をつくっていこうというのが、このサイエンスブッククラブです。

 

サイエンス本を身近なモノに変えながら

自身の中に「サイエンス思考」を育んでいきます。

 

 

難しいことをするのでは?

自分にできるかな?

と、お思いになるかもしれませんが、ご安心ください。

 

丁寧に心地よい場を目指しますので

リラックスして楽しく学んでいただけます。

 

 

○サイエンス本をみんなと協力しながら読んでみたい

 

○いつもと異なる分野にふれることで、新しい発想や視座を得たい

 

○科学の知見を学び、玉石混交のニュースを自分で判断したい

 

○自分自身の言葉で「そのサイエンス本」を語れるようになりたい

 

○問う力・発見する力を養い、「未来」を描きたい

 

○科学の謎にふれ、「モヤモヤ」の楽しさを育んでみたい

 

 

ご自身の好きなサイエンス本を紹介しながら

参加者の方々とさらに深めていきましょう。

 

これまでサイエンス本に手が出せなかったけど

学ぶきっかけにしてみたいという方もご一緒ください。

 

 

2時間でサイエンスを深めるきっかけをつくりたい方

ご参加をお待ちしています^^

 

お申し込みはこちらから
peatix.com 

 


※※※※

必ず、以下の内容をお読みください。

イベントの趣旨をご理解いただけましたら

どなたでもご参加いただけます。

初めての方、サイエンス初学の方、大歓迎です

 

※過去「無断で」欠席された方のお申込みは

やむなくお受けできなくなりました。

 ご了承いただけますでしょうかm(_)m

(ご連絡いただいた方は問題ございません。)


 

○●○●○●○

 

開催概要:

 

日時:

 2019年2月9日 (土) 9:00~11:00

 (8:45受付)

 

 

会場:

 The Lab(カフェラボ)グランフロント大阪

 大阪府大阪市北区大深町3-1

 グランフロント大阪ナレッジキャピタル 1F

 https://kc-i.jp/access/guide-02/

 

 ※ 1ドリンクオーダーをお願いします。

 

 

持ち物:

 テーマ「 未来 (Future) 」をイメージする

 ご自身が読んでみたいサイエンス本

 紹介したいサイエンス本

 

 ※お持ちいただく本は「紙の本」を推奨します。

 

 ※事前に読んで来なくても大丈夫です。

  イベントの中で読んでいきます。

  既読ならさらに深まります。

 

 

参加費:

 

 通常2,500円→特別価格1,000円

 

 (諸経費等・当日現金払い)

 

 サイエンスファシリテーター広報活度のため

 年内は特別価格の予定です。

 

 

定員: 5名さま

 (定員に達しますとキャンセル待ち

  をさせていただきます。)


 
お申し込みはこちらから
peatix.com
 


○●○●○●○

 

 

読書会型ワークショップとは?

 

①事前に本をお読みいただく必要はありません。

イベントでの読書体験をお楽しみください

 

②本のすべてを読むことはせず

 ワークショップで主体的な読書をします。

(イベント後に通読を試されると、

 より効果を実感いただけると思います。)

 

③参加者との交流を通して、

一人では得がたい気づきと学びを得られます。

 

④不思議な読書法をすることもあります。

自分の思考の枠から飛び出し

 「やってみたい!!」とワクワク遊びながら

楽しめそうでしょうか♪(?)

 

⑤親しみやすさと心地よさを目指しています。

 どなたでも安心してご参加いただけます。

初めてご参加の方、女性の方も多く

 サイエンスやテクノロジーを学ぶきっかけに

 されています。

 

 

※※キャンセルについて※※

 

原則は開催日の「2日前」までとさせてください。

当日のキャンセルや無断での欠席は

やむをえない状況を除き、お控えください。

 

①キャンセル待ちの方を含め

 多くの方にご参加いただきたいです。

 

②諸経費など主催者側での

負担となります。

収益性のないイベントのため

ご理解をお願いいたします。

 

※過去「無断で」欠席された方のお申込みは

やむなくお受けできなくなりました。

 ご了承いただけますでしょうかm(_)m

(ご連絡いただいた方は問題ございません。)

 

 

○●○●○●○

 

 

サイエンスファシリテーター紹介

 

村上 英範 (むらかみ ひでのり)

 

サイエンスファシリテーター

Read For Action認定リーディングファシリテーター

レゾナンスリーディング社認定レゾナンスファシリテーター

ビジネスモデルイノベーション協会認定ジュニアコンサルタント

ライフチャレンジ・エンジニア

 

メーカー勤務のエンジニア。新事業の開発プロジェクトリーダー。相互研鑽を目的に社内勉強会を3年間推進、読書クラブを運営し1年で100冊の書評を記した。2016年から社外での技術セミナー講師も務める。

 

第3子誕生時の育休体験を機に心から家族に寄り添えようになる。父親としての成長を志し、年間250冊の読書で自身を鍛える。リビングで学ぶ姿を見た子ども達も自然と本が好きになり、共に学習する環境が生まれる。科学に夢中になった長男と切磋琢磨するなかで、高校時代は大の苦手であった科学の楽しさに気付き、サイエンスファシリテーターとして活動をスタートする。科学やテクノロジーの本で読書会を主催。36回で延べ210名を動員。2017年よりバンドー神戸青少年科学館で、大人と子どもが"共に"宇宙を学ぶ読書会を開催。小3の長男も自身のイベントに参加するようになり、親子で未来を創り始める。

 

仕事と家庭とパラレルキャリアを並立。

親と子と科学をむすび、未来を創る活動を行っている。

 

 

コンセプト:

★ 親と子と科学をむすび、未来を創る

★ 大人も子どもも"共に"学ぼう!

 

 

○●○●○●○

 

 

科学館で読書会『宇宙を探検しに行こう』のご感想

 http://startup-papa.hatenablog.com/entry/2017/10/08/190000

 

 

大人のいろんな質問に答えられて嬉しかった。

今日のことを学校でみんなに話したい。

(小3女の子)

 

 

宇宙のことを知らなくて分からなかった。

けど、チームの人に教えてもらって、知ることができた。

これからも調べていきたい。

(小6女の子)

 

 

宇宙にはいろんな謎があることがわかった。

疑問や謎がたくさん見つかり楽しかった。

大きくなったら疑問を解いてみたい。

(小4男の子)

 

 

読書会に参加して、宇宙のことを大人の人と話したかった。

ブラックホールに吸い込まれると、ある景色が見えることが分かった。

(小3男の子)

 

 

宇宙に関しての疑問が増え、さらに興味をもった。

1時間30分はとても短く感じた。

また参加したい。

(中1男の子)

 

 

子ども達の発想が新鮮で、参考になった。

科学系の本を読むとき、違った発想で理解できるよう心掛けたい。

(50代男性)

 

 

子ども達の知識や好奇心がスゴイ。感動した!

普段の会話の仕方が変わりそう。

「分からないこと」を共有するのは楽しい。

(40歳男性)

 

 

奥が深くて、さらに宇宙に興味がわいた。

子ども達の知識の豊富さに驚いた。とてもいい刺激!

情報にもっと敏感になって、知識を得て、いろんな場面で活用したい。

(30代女性)

 

 

ワークショップの進め方が大変興味深かった。

宇宙の謎は、子ども達に解明してもらいたい。

(60代男性)

 

 

自分の苦手な分野でも楽しく学べた。

子どもへのワークショップに携わっているので、今日のワークショップは役立つと思う。

(50代女性)

 

 

なぜ?という考えを持つことが、大切だと思った。

いろんな意見を聞けたこと。

大人・子どもで話し合えたこと。

子どもの頃、宇宙が好きだったことを思い起こしたい

(50代男性)

 

 

○●○●○●○

 

 

「サイエンス ブック クラブ」とは?

 

 旧名称:

 未来はココから!サイエンスの学び処

 https://peatix.com/group/48586

 

 サイエンスやテクノロジーの分野を

 仲間と共に遊びながら学んでいこうというのが

 このサイエンス読書会シリーズです。

 

 大人も。子どもも。

 

 これからサイエンスを学び始めたい方も。

 骨太なサイエンス本を読みこなしたい方も。

 

 ご一緒いただいています^^

 

 

第21回 2018/10/21

科学館で読書会 vol.3 「宇宙探検にでかけよう」inバンドー神戸青少年科学館(科学館イベント「はやぶさ2」コラボ企画)

 

 

第17回 2018/06/17

科学館で読書会 vol.2 「宇宙を想像してみよう」inバンドー神戸青少年科学館

http://startup-papa.hatenablog.com/entry/2018/07/02/193246

 

 

第16回 2018/02/09

脱力系サイエンス(笑)『人間をお休みしてヤギになってみた結果』読書会

http://startup-papa.hatenablog.com/entry/2018/02/13/202601

 

 

第15回2017/10/10

東京開催STE(A)Mを体験する読書会『現代の魔法使い 落合陽一』から学ぶ未来の創り方

http://startup-papa.hatenablog.com/entry/2017/11/19/205244

 

 

第14回 2017/10/8

科学館で読書会『宇宙を探検しに行こう』inバンドー神戸青少年科学館

http://startup-papa.hatenablog.com/entry/2017/10/08/190000

 

 

第13回 2017/8/16

AI不安をふっ飛ばす!「AIの基礎を学び、話せるようになる」読書会

https://www.read4action.com/report/detail/?id=880

 

 

第12回 2017/7/28

ビジネス書大賞2017大賞作品 『 サピエンス全史(下) 』 読書会

https://www.read4action.com/report/detail/?id=881

 

 

第11回 2017/7/4

ビジネス書大賞2017大賞作品 『 サピエンス全史(上) 』 読書会

https://www.read4action.com/report/detail/?id=838

 

 

第10回 2017/6/29

STE(A)Mを体験する読書会『現代の魔法使い 落合陽一』から学ぶ未来の創り方

https://www.read4action.com/report/detail/?id=837

 

 

第9回 2017/5/27

ナンジャモンジャDEサイエンス!<宇宙編>

http://startup-papa.hatenablog.com/entry/2017/05/31/164704

 

 

第8回2017/4/23

伊丹こども文化科学会館 研修読書会

http://startup-papa.hatenablog.com/entry/2017/04/16/170000

 

 

第7回 2017/3/24

『サピエンス全史(下) 文明の構造と人類の幸福』読書会

http://startup-papa.hatenablog.com/entry/2017/03/24/000000

 

 

第6回 2017/3/11

新機軸!ナンジャモンジャDEサイエンス!

http://startup-papa.hatenablog.com/entry/2017/03/11/000000

 

 

第5回 2017/2/22

『サピエンス全史(上) 文明の構造と人類の幸福』読書会

https://www.read4action.com/report/detail/?id=716

 

 

第4回 2017/1/28

『AI時代の人生戦略 「STEAM」が最強の武器である』読書会

http://startup-papa.hatenablog.com/entry/2017/02/09/214126

 

 

第3回 2016/12/2

『ヒトはどこまで進化するのか』読書会

https://www.read4action.com/report/detail/?id=565

 

 

第2回 2016/11/4

『シンギュラリティは近い』読書会

https://www.read4action.com/report/detail/?id=538

 

 

第1回 2016/10/5

『<インターネット>の次にくるもの』読書会

http://startup-papa.hatenablog.com/entry/2017/01/14/213713

 

 

○●○●○●○

 

 
お申し込みはこちらから
peatix.com



f:id:hd_murakami:20190123105544j:plain

★1/19(土) 22時 放送「ぱぴぷぺパパ3.0」→ 月1コーナー「村上英範のスーパーサラリーマンと話そう!」第7回のゲストはこの方!!

 
 

 

2019/1/19 (土) 22:00放送

『ぱぴぷぺパパ3.0』

●○●○●○●○●○●○●○●○●○

ゆめのたね放送局 「ぱぴぷぺパパ3.0」
関西チャンネル 土曜日 22:00 - 22:30
http://www.yumenotane.jp/kansai-sat

関西チャンネルの「► 再生」をクリック!

●○●○●○●○●○●○●○●○●○


パー

パー

パーー

ぱぴぷぺ パパ

 


絵描きのパーソナリティー 橘ナオキ がおくるラジオ番組「ぱぴぷぺパパ3.0」

月1コーナー「村上英範のスーパーサラリーマンと話そう!」
 

 

第7回のゲストは「にっしぃさん」こと 西野高弘さんにお越しいただきました!!

 
f:id:hd_murakami:20190118095223j:plain 
 


職場の安全を創るにっしぃさんは、わたしの憧れの方。

読書会を開催するお仲間としてお喋りをしました!

 


メインパーソナリティの橘さん曰く

「ゴリゴリのスーパーサラリーマンですやん!(笑)」

 

 

そんなにっしぃさんと今回お話ししたテーマは

ファシリテーションは未来を創る!」


 
f:id:hd_murakami:20190118095330j:plain
 

 

にっしぃさんはファシリテーションとは場づくり。居心地の良い場をつくり、みんなで関わりあえば、笑顔も自信も生まれる」とおっしゃいます。
 

 

なので、にっしぃさんの読書会は満足度が高いだけでなく、参加された方々がにっしぃさんを慕い「にっしぃーず」なる輪が広がっているんです!

 

なんと

「自分も読書会をやってみよう!」

と踏み出す方が急増しています。

 

 
さらには、
社外で培われたファシリテーションを、会社組織の中にも展開されているんです。

その道のりと組織への影響をお聴きしました。

 

 

これホントすごいことだと思います!!

 
私自身がめちゃくちゃ勉強になりました!
これは憧れですよ。



f:id:hd_murakami:20190118095408j:plain 

 

ということで、
とても濃厚な内容に仕上がっていると思います(^_^)

 

 

ファシリテーションが好きな方

 

◯やりたいことを会社の中にも広げたい方

 

◯社外に一歩踏み出す勇気がほしい方

 
 

そして

「にっしぃーず」の皆さま、必聴ですよ~!

ファシリテーションで創る明るい未来を、ご一緒にお楽しみいただければ嬉しいです^^

 

 

1/19 (土) 22:00からは『ぱぴぷぺパパ 3.0』

ゆめのたね放送局の関西チャンネルでお聴きください。

 

お聴き逃さぬよう、アラームの設定をくださいネ(笑)
 

 
○●○●○●○●○●○●○●○●○
 
ゆめのたね放送局 「ぱぴぷぺパパ3.0」
関西チャンネル 土曜日 22:00 - 22:30
http://www.yumenotane.jp/kansai-sat
 
関西チャンネルの「► 再生」をクリック!
 
○●○●○●○●○●○●○●○●○
 
「ぱぴぷぺパパ3.0」ってどんな番組?
http://www.yumenotane.jp/papipupepapa
 
「人生を遊び尽くせ」が合い言葉。
"大人"こそが楽しい♪を体感ください!
 
○●○●○●○●○●○●○●○●○
 


f:id:hd_murakami:20180426103853j:plain
 


○●○●○●○

○●○●○●○




◆◆ 私の活動 ◆◆

 
サイエンスファシリテーター

「親と子と科学をむすび、未来を創る」
「大人も子どもも共に学ぶ、宇宙は共通言語」

startup-papa.hatenablog.com
 
サイエンスブッククラブ
peatix.com

 
レゾナンスファシリテーター
(速読→加速学習→行動計画の入門講座)
◆変化の時代のコンテンツづくり
◆人生が飛躍する読書術+行動術
resonance-murakami.peatix.com
 
 
描こう あなたのビジネスモデルキャンバス
peatix.com
・新商品・事業開発のお手伝い
・キャリア構築/組織づくりワークショップ
・「はじめてのビジネスモデルキャンバス」ワークショップ

○●○●○●●○

最後までお読みくださり、ありがとうございました (^_^)



○●○●○●○

○●○●○●○



f:id:hd_murakami:20180426103853j:plain

 

新春サイエンスブッククラブvol.23 読書会型ワークショップ『ホモ・デウス(下)』


【来週1月16日 阪急梅田駅近く 残2席】


f:id:hd_murakami:20190109202137j:plain



新春初 サイエンスブッククラブvol.23 読書会型ワークショップ『ホモ・デウス(下)』の参加者を募集しています(^_^)


↓↓↓↓

peatix.com

↑↑↑↑



このワークショップは未読でお越しいただき、その場でワークや対話をしながら、立体的に学ぶ共創学習で、サイエンス思考を養います。
 

ただいま絶賛準備中!


あと2席ございますので、2019年の初学びにいかがでしょうか??
 

 

※前回『ホモ・デウス(上)』の開催の様子

startup-papa.hatenablog.com

 

※『サピエンス全史』『ホモ・デウス(上)』を読んでいなくても大丈夫な仕掛けになっています。



※読書会が初めて、私は文系ですという方も大歓迎です!サイエンス学び始め、女性の方も多くご参加いただいています(^_^)




f:id:hd_murakami:20190109202229j:plain


f:id:hd_murakami:20181207182514j:plain

 
 
☆★☆★☆★☆

☆★☆★☆★☆
  
 
 

< 私のライフワーク >

 
サイエンスファシリテーター
「親と子と科学をむすび、未来を創る」
「大人も子どもも"共に"学ぶ空間づくり」

startup-papa.hatenablog.com
peatix.com
 
レゾナンスファシリテーター
「変化の時代に飛躍する速読多読と行動計画」
resonance-murakami.peatix.com
 
描こう あなたのビジネスモデルキャンバス
peatix.com
・新商品・事業開発のお手伝い
・キャリア構築/組織づくりワークショップ
・「はじめてのビジネスモデルキャンバス」ワークショップ
  
 

最後までお読みくださり、ありがとうございました (^_^)

 
 
 
☆★☆★☆★☆

☆★☆★☆★☆
 
 
 
f:id:hd_murakami:20180920200711j:plain
 
f:id:hd_murakami:20180920194233j:plain

 
 
peatix.com
 

【家族への感謝】2018年もありがとうございました。


f:id:hd_murakami:20181231203223j:image


f:id:hd_murakami:20181231203239j:image


f:id:hd_murakami:20181231203254j:image

 

2018年は第四子が誕生し、6人家族となりました。(プチビッグダディw) 

 

にぎやかだけど穏やか、そんな家族の支えのおかげで、仕事の大変なコトも 嫌なコトも 苦しいコトも 逃げ出したいコトも 投げ出したいコトも (←多っw)、心の重荷にすることもなく働くことができ、ライフワークも充実させることができました。

 

ほんとに有り難いです(^_^)

 

2019年は新天地を目指します!

家族で力を合わせ、未来に向かって進んでいきます。

 

 

【おすすめ本】レゾナンスリーディングで2018年の読みおさめ!


f:id:hd_murakami:20181231200624j:image

 

2018年の読みおさめ(^_^)

 

帰省前の3日間、

レゾナンス・マルチプルプロセスで

2019年の仕込みです。

 

10月以降は多忙が極まり

インプットが不足していたため

メンターのおすすめ本を中心に

本の海を泳いでます(笑)

 

い、一冊、激"厚"です (笑)

 


f:id:hd_murakami:20181231200656j:image

 

2019年はこれ推し!「2冊シナジー読書会」

 

 

冬至である明日は

2018年最後の

読書会型ワークショップ開催です。

 

今年の集大成

来年に発展させたいコンテンツ。

 

 

f:id:hd_murakami:20181221225055j:image

 

2冊いっぺんシナジーワーク。

 

お徳だと感じてるのですが

いかがでしょうか? (^_^)

「神戸電鉄 三田駅の期間限定SANTA駅」と「ゆずの重大発表!」 から考える【遊び心】で広がる幸せ

 
 
 

神戸電鉄三田駅 あらため 期間限定SANTA駅!

f:id:hd_murakami:20181220193850j:plain


 
普段は自転車通勤なんですが
この【遊び心】に乗っかり
久々に神戸電鉄に乗車しました。
 
www.kobe-np.co.jp
 
 
日常の風景、
とくに通勤という仕事に関係するシーンで
【遊び心】を目にするとウキウキしてしまいます。
 
この"非日常感"がアクセントとなり
いつもより良い仕事ができそうな錯覚すらします(笑)
 
 
 
さらに、近いニュースで言うと

「ゆずの"重大発表"」

 
headlines.yahoo.co.jp

 
この【遊び心】も大好きです。
 
うちは夫婦で
ゆずがメジャーデビューした
時からの大ファンであり
"重大発表"のしらせには
悪い想像しかできませんでした。

活動休止や解散、
多くの方々と同じだと思います。
 

でも、真相を目にした瞬間
 

「わー、やられたー(笑)

さすが、ゆずやねー!!」

 
久々に夫婦でゆずの話で盛り上がりました。
単細胞ですが、ツアーに行きたくなりましたもん(笑)
 
この"落として"からの"上げ&脱力"は
日々の夫婦仲を"過去お付き合いしてた頃"に
引き戻してくれた嬉しい"重大発表"でした。
 
 
受けとめ方は人それぞれですが
おもしろがった方が
幸せだと思うんですよね。
 
 
SNSやマスコミのある一定の人たちは
目くじら立てて、自身の正当性を押し出して
非難や批判が日常と化しています。
これって疲れないんでしょうかね…。
 
 
繰り返しになりますが
おもしろがったモン勝ちだと思います。
 
 
例をあげると「おもしろがること」が
今後とても重要になっていくことは
この本でも述べられています。
「ゆずの賛否両論」という事象にも
「第一印象至上主義」と「考えるより探す」
2つの思考で説明ができるんじゃないでしょうか。

startup-papa.hatenablog.com
 
 
また、別の視点でいうのであれば
あなたは"選別されている"かもしれませんよ。
気軽に出来てしまうSNSの発言は
あなたの立場や環境をどんどん危うくさせ
悪魔のサイクルに引きずり落とす恐れがあります。

startup-papa.hatenablog.com
 
もちろん私も含めて、ですね。
 
 
 
まとめると【遊び心】を大切にすれば
幸福感は増えるんじゃないかなということです。

 

おそらく小学生の頃って、
たいていのことにおもしろがっていたと思うんですよ。

 
何でもかんでも目くじら立てるのは大人になってから。
子どもの頃は少なかったんじゃないでしょうか。

 
つまり見方を変えると
感じる力が試されている時代なのではないでしょうか。

非難や批判を手放せば、楽チンで幸せは広がります。
 
 
 
もちろん人それぞれでありますが。

絵本作家の中川洋典先生とパシャリ。ディープなサッカーファンにも読んでほしい『ピオポのバスりょこう』

 
 
 

絵本作家の中川洋典先生とパシャリ。


『ピオポのバスりょこう』にサインをいただきました。


f:id:hd_murakami:20181220163913j:plain


この絵本ほんと大好きです♪


絵の表現や描き込み量から
ビンビンに伝わってくる熱量。

その一方で、ラストは対照的に
シンプルで優しく
あったかい気持ちになれるんです。



f:id:hd_murakami:20181221103851j:plain


◆中川先生はサッカー超好き⚽


物語の1シーンにサッカーの試合が登場します。


観客たちもうねる大興奮のスタジアム。

絶対に負けられない試合でのシュート。


この迫力満点のシーン、それもそのはずです。


なぜならこの試合は

アルゼンチンスーペルクラシコ

ボカ・ジュニアーズvsリーベル・プレート

世界最高峰のダービーマッチが描かれているんです!

すなわち世界一の狂気ともいえる熱気が込められているのです!!

そんな私も実は
"元"は付きますが"サカヲタ"なんです!
(※ 元 が付く理由は最後に足しました。)


ですので、サインをいただいた際に
先生とできたサッカーのお話し、これは嬉しかったです。

まさか絵本のイベントで
ディープなサッカーのお話しができるなんて!(笑)
 


と、ついサッカーのシーンを
メインで書いてしまいましたが
あくまで物語の1シーンです。



中川先生曰く


「サッカーが大好きなんです。
 リーベルvsボカを観て、
 これは描きゃなきゃって思ったんです。

 言いかえると、このシーンを描くことが
 この作品のスタートだったんですよ。」


って、あれれ、やっぱりサッカー…!?(笑)


一方で、こうもおっしゃいました。


「考えても考えても、
 最後の2行が出てこず、苦しかった。

 思い浮かばず、苦しくて
 印刷ギリギリだったけど…、
 もう思いきって昼寝をしたんです。
 
 そうしたらですよ。
 出たんですよ、夢の中で。
 最後の2行が!

 夢の中で出てくるなんて悔しい~(笑)」


これです!

この最後の2行なんです!


全体的に熱量が溢れているからこそ
対照的なラストの優しさ、あったかさが
ジ~~ンと胸に染み入るんです。

個人的には、これが一押しなんですよね。



早速、子ども達にもよみきかせました^^


もちろん「もっとよんで!」とおねだり攻めでしたよ。
 
 
 

◆中川先生とご一緒した絵本イベント(神回です)

startup-papa.hatenablog.com
 
f:id:hd_murakami:20181220164445j:plain
f:id:hd_murakami:20181220164457j:plain

 
 

◆おまけの回想

 
今回のご縁は 元サカヲタとしても嬉しさを隠せません。

振り返ると、鬼のようなサッカー漬けだった2000年前半。
土日の夜は「プレミア→セリア→リーガ→南米」と
3、4試合を観戦して、朝を迎えるという生活。

↓↓↓

結婚を期に、泣く泣く「生活改善」しました(笑)
家族が増えるたびに観戦時間も
どんどこ減っているのです。汗


startup-papa.hatenablog.com
 



○●○●○●○



○●○●○●○ 



◆おとなの絵本プロジェクトin大阪


startup-papa.hatenablog.com
startup-papa.hatenablog.com
startup-papa.hatenablog.com
startup-papa.hatenablog.com
startup-papa.hatenablog.com



f:id:hd_murakami:20180716120536j:plain
f:id:hd_murakami:20181114181658j:plain

○●○●○●○



○●○●○●○



f:id:hd_murakami:20181220164408j:plain


レビュー『ユーチューバーが消滅する未来』岡田斗司夫・著 PHP研究所 ~レゾナンスリーディングvol.55 

 
 
 

【社会の価値観の変化を察する力を磨く!未来格差にそなえよう!】

 
 
 
『ユーチューバーが消滅する未来
  2028年の世界を見抜く』

 
 
 著者:岡田斗司夫
 出版社:PHP研究所
 発売日:2018/11/17
 
 http://www.amazon.co.jp/dp/4569841880/
 


f:id:hd_murakami:20181219153912j:plain 
 


これから訪れようとする未来。
 
 
あなたは、コワいですか?
それとも、ワクワクしてますか?
 
 
知らないことが多かったり、思考が回らないと
前者の割合が増えるのではないでしょうか。
 
 
逆に、予測や判断ができるならば
後者の明るさが増えるのではないでしょうか。
 
 
岡田斗司夫さんのご著書
『ユーチューバ―が消える未来 2028年の世界を見抜く』

あなたの視座をアップデートできる一冊です。
 
 
未来予測も独特でフムフム納得してしまううえに
岡田さんの思考や論理展開を追体験することができ
自身もおもしろく考えを巡らせることができます。
 
 
 

◆未来格差とは?

 

主題である「未来格差」
 
 
生きのびるためには
未来がどんな方向に向かっているのか
正しく知っておかねばなりません。
 
 
ただ、その方向性を見極める際に
今の価値観の延長線で未来を見ていても
よいものでしょうか?
 
 
実のところ、私たちは価値観の
変化に対してかなり鈍感なようです。
 
 

社会が劇的に変化する時は、僕らの価値観も劇的に変化しますし、往々にしてその変化を僕らは自覚できません。

 
 
例えば、メディアが騒がす
「AIによってどの仕事が奪われるのか?」
 
 
これは問いそのものがナンセンス、
間違っていると考えられます。
 
 
そうではなくて
 
 

これまで僕たちは、水の豊かなオアシスで気楽に暮らしていました。水が欲しければ、その辺から好きなだけ汲み上げて喉を潤うるおすことができました。
でも、これからはそうはいきません。水はすごい勢いで干上がっているんです。
「どの水たまりが最後まで残りますか?」なんて、のんきなことを聞いている場合じゃない。そんなこと誰にもわかるわけがないんですから。足をできるだけたくさん生やし、1箇所だけじゃなく、何箇所もの水たまりに同時に足を浸けるようにしないといけません。そうしないと、1つの水たまりが消えただけで死んでしまいます。
生き延びるため、僕たちは未来がどんな方向に向かっているのかを知らなければなりません。

 
 
このように価値観そのものを疑い、
その変化を見出すことが必要になってくるのです。
 
 
それでは、価値観の変化を見出すには
いったいどのように着目すればよいのでしょうか?
 
 
 

◆未来を予測するための3大法則

 
 
社会の価値観の変化に着目すると
現在進行している価値観の変化は
この3つに集約できるとのことです
 
 
①「第一印象至上主義」
 
第一印象が絶対!

最初に感じた第一印象やその時に起こった感情を絶対視してしまうこと。

 
 
②「考えるより探す」
 
自分で考えるより大勢の意見から探す。

自分で回答を考えるのではなく、大勢の意見から、自分に合った意見を選ぶようになったということ

 
 
③「中間はいらない」
 
そこそこ食える中間業はいらない。

超メジャーな人は生き残っています。いなくなったのは、それまでそこそこ食えていた中間のプロです。

 
 
この3つが著者の提示する未来への視点です。
 
 
さらに現在進行中の社会それぞれの分野において
多角的に論理展開されていきます。
 
 
第2章 自分を「盛る」時代
第3章 AIがユーチューバーを淘汰する
第4章 アイドルは新時代の貴族になる
第5章 アマゾンが不動産へ進出
第6章 バーチャルとリアルの恋愛の境界が消える
第7章 AIロボットが家族の代わりに
第8章 人工知能が政治を変える
 
 
さすが!
章立てだけでオモシロいです。
 
 
そして最後には、未来に怯えるのではなく、
面白がることが大切だと締め括られています。
 

f:id:hd_murakami:20181219153959j:plain

 
 

◆まとめ

 
 
申し訳ござません!

今回のレビューは、
オリジナルの視点が少なく
なってしまいました(滝汗)
 
 
こういうと身も蓋もありませんが
「実際にお読みいただくのが断然おもしろい!」
こう思ってしまったんで(笑)
 
 
やはり著者の論理展開が読みどころ。

ぜひお手に取り、
頭に汗をかきながら読んでいただきたいです。
 
 
 
☆★☆★☆★☆

☆★☆★☆★☆
 
 
 

< 私のライフワーク >

 
サイエンスファシリテーター
「親と子と科学をむすび、未来を創る」
「大人も子どもも"共に"学べる環境づくり」

startup-papa.hatenablog.com
peatix.com
 
レゾナンスファシリテーター
「変化の時代に飛躍する速読多読と行動計画」
resonance-murakami.peatix.com
 
描こう あなたのビジネスモデルキャンバス
peatix.com
・新商品・事業開発・キャリア構築・組織活用のお手伝い
・「はじめてのビジネスモデルキャンバス」ワークショップ


 

最後までお読みくださり、ありがとうございました (^_^)

 
 
 

☆★☆★☆★☆

☆★☆★☆★☆
 
 
 
f:id:hd_murakami:20180920194233j:plain